医療と寿命

現代の日本では少子高齢化が進み、医療や看護を必要とする高齢者が増えてきました。
しかし、その医療の担い手は少子化や、医療現場の労働の過酷さから、少なくなっています。
医師や看護師の不足は現代の日本では深刻化しています。
その問題を解決するために、特定看護師の制度ができ、看護師不足の解消をしようとしています。
特定看護師の参考サイトはこちら⇒特定看護師徹底研究
病院はいつ行っても高齢者でいっぱいの状況です。年齢を重ねればそれだけ病院のお世話になることも増えてくるのは当たり前ではありますが、今の医療は延命措置の技術だけが高度化され、健康寿命を伸ばすことにはあまり着眼されていない気もします。延命措置をしなければこれ以上生きていけない、という状況の家族がいれば、出来るだけ延命措置を行いたいというのが家族の思いだと思いますが、それが本人のためになっているかどうかは誰にも分かりません。延命措置を行う場合というのは、たいがいが家族の意思である場合が多いのです。寝たきりで息をしているだけ、という状況が生きているという実感を持てるのかどうかは様々な意見があると思いますが、やはりそれよりは自分の足で立って話が出来る時間が長い方がいいと思うのです。
ですので、医療の高度化は素晴らしいことですが、それよりもやはり私達自身の生活習慣だったり意識を変えて、健康寿命を伸ばすことに目を向けるべきだと思います。看護師が不足していることは問題ではあり、対処していかなくてはならないことですが、その対策の一環として私達が元気なうちから健康に気を使うこともまた必要なことだと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です